歯周病

歯周病は歯を支える骨を溶かす病気です。
軽度のものも含めて、成人のおよそ8割がかかっているとされています。

磨き残しをプラークと言いますが、しだいに硬くなり、歯石になります。歯に付着します。
そこでは歯周病菌が繁殖し、歯を支える骨を溶けてゆきます。

歯周病では、以下のような症状が現れます
①はぐきの出血、腫れ ②口臭 ③はぐきが下がる ④歯がグラグラして噛めない 
⑤歯並びの悪化

歯周病治療では歯石の除去を行います。
専用の超音波の器具を使います。
はぐきの奥の方まで歯石が入りこんでいるため、よく確認しながら取り残さないように
除去していきます。

歯周病を再発させないためには日頃のケアが大切です。
歯ブラシにも種類があり、歯茎を磨きやすいもの、歯の溝や平らな面を磨きやすいもの、などがあります。1本だけでなく、いくつか用意した方が良いでしょう。
また歯と歯の間にはフロス、歯間ブラシなどを使った方が良いです。

どうしてもセルフケアだけでは十分に磨けない部位があります。そのため、
歯科医院での定期的な歯のクリーニングを受けるられることをおすすめしております。